2014.07.29更新

今日7月29日は、土用の丑の日ですよみなさん
こんばんは 今日はスタッフと居酒屋へ行きおいしいお酒とともに
ウナギを食べようとたくらんでいる ご存知きいちです

さて本日は前々回に引き続き『ブレーキ』についてです
前々回はブレーキパッドについてでしたが今回はブレーキを踏む
足についてです

患者さんからブレーキは何故右足で踏むのか
左足ではダメなのか
左足で踏んだほうが運転しやすいのでないのか
という質問をうけました

以前スポーツカーに乗っていた際、シビアな車の加重コントロール
の際に左足ブレーキを使うことがありました
しかしそれはあくまでもモータースポーツにおけるお話し。。。
普段はそんな運転しませんよね

実際の運転では基本的にブレーキは右足で踏みます
昔調べたことがあるんですが そもそも車のブレーキペダルは
右足で踏む構造になっています
これはブレーキと一緒にアクセルペダルを右足で踏んでしまう
のを防ぐためです

急ブレーキをかけた場合、右足がアクセルペダルに乗っていると
誤動作で踏んでしまうことがあり車は止まりません
また人間の反射で、危険を察知したときなど人間は両足を
突っ張る反射があります
よってアクセルペダルを一緒に踏んでしまう危険性が高くなって
しまいます

正しいブレーキの踏み方は左足をフットレスト(一番左端の足を
乗せる台)へ乗せ体を突っ張り
右足でゆっくりとブレーキペダルを踏み込む!
これに限ります

わかりましたか皆さん!!
車のブレーキを正しく理解し 正しい踏み込みで交通事故を
防止しましょう

決して左足ではブレーキを踏まないように!!!
それでは^▽^

投稿者: タカマサ接骨院グループ