2014.06.17更新

みなさん、こんにちは
サッカー日本代表 初戦コートジボワール戦 残念でしたね><
でも!まだあと2試合あります
次の2試合 絶対に勝たなくてはいけません!
がんばれーーー ニッポン!!!


さて、本題ですが
この 勝たなくてはいけない という考え方は間違っている
という方    いらっしゃいます

もし初戦のコートジボワール戦で勝っていたらどうだったか?
次のギリシャ戦は みんなで勝を取りに行こう もしくは勝ちたい
となっているに違いない
勝たなくてはいけない は敗者の考え方だ

真に勝ちに拘るならば心の中からの勝ちたいが必要
勝たなくてはいけない は状況からなる思い違いではないか・・・
私自身もそう思う
ある代表選手のブログに載っていました



あ、自己紹介が遅れました  きいちです
TTPですがボクさんではありませんw

私たちの施術も同じことが言えると思います
患者さんを 治さなければいけない は間違っている
いろいろな状況から我々も治癒までの期間、焦って施術を
してしまうことがある
しかし焦って施術をしても良い結果を生み出すことは困難である
ことが多く、そういう時は大抵心の底から患者さんを治したいという
気持ちが普段より薄れているような気がする
治したい よりも 治さなければ が先行してしまうのだ
患者さんの症状を少しでもよくするのであれば常に
治したい よくなってもらいたい
患者さんの治癒能力を最大限に引き出したい
といった心構えが求められる

タカマサグループにはこういった考え方を出来るスタッフが
多く在籍しています
タカマサグループはこれからもより良い施術の気持ちを
忘れません
そしてより一層の精進に励みたいと思っています
地域の皆様
これからもタカマサグループをよろしくお願い致します


投稿者: タカマサ接骨院グループ

2014.06.14更新

みなさんこんばんは、きいちです
今日は自動車のナンバープレートについて

ナンバープレートの正式名称は実は車両の種類ごとに違います
登録自動車につけるナンバープレートの正式名称は
自動車登録番号標といいます
軽自動車・自動二輪車は車両番号標
小型特殊自動車・125cc以下の原付などは標識といいます

日本国内の公道で走行する自動車には車両の前後に必ず
ナンバープレートをつける事が義務付けられています
ナンバープレートに記されている文字と数字は実は様々な
情報を含んでいます
まずはナンバープレートに記されているそれぞれの文字の
呼び方をご紹介します



ナンバープレートの記載内容
(封印、管轄支局等、分類番号、かな文字、登録番号)

封印
ナンバープレートを取り外せないように車両後部のプレート
を取り付けているネジをガードするために取り付けられる

管轄支局等表示文字
管轄の運輸局、または自動車登録検査事務所の該当地域を
表す文字

分類番号
自動車の種別による分類番号

かな文字
事業用、自家用、貸渡用(レンタカー)、駐留軍人、軍属私用など
使用用途に対応したひらがな1文字

登録番号
「1」から「99-99」までの数字 希望の番号を選ぶこともできる




みなさん、意外と知られていませんがナンバーにはそれぞれ
意味があるんです
当て逃げを目撃した際、もしくは万が一ひき逃げを目撃した際
警察にこれらの情報をいち早く伝えること
これらの情報により犯人の確実な検挙へ繋がります!

ただ・・・これらの知識があっても一瞬で 管轄支局 ひらがな
数字を覚えるのは困難なケースも多くありそうですね 涙
とっさのことで気が動転しまう方もいらっしゃるでしょう
私自身もそういったケースに遭遇した場合
どうなるのか想像もできません!

しかし数字を少し間違えただけで、ひらがなを伝えられなかった
だけでその車を見つけるのは困難になってしまうことも
少なくないそうです

自分の記憶力を信じ
また交通事故が無くなる日がくることを信じて

それでは


投稿者: タカマサ接骨院グループ

2014.06.13更新

こんにちは 毎度おなじみになりましたが本日も改めまして
きいちです^^

今日は交通事故とはあまり関係ありませんが環境についての
豆知識です

みなさん、車に貼ってあるこのステッカーを見たことありますか?


このステッカーはグリーンラベルといいます
・・・なんかビールみたいな名前ですねw
グリーンラベル・優遇税制というのがありこのステッカーが貼って
ある車にはこの制度が適応されます

グリーンラベルは国土交通省の低排出ガス車認定制度の認定を
受けなおかつ2010年新燃費基準を達成した自動車の自動車税
自動車取得税が軽減されるもので、ステッカーに書かれた
星の数が多いほど優遇されます
また逆に生産から11年を超えるディーゼル車と
13年以上のガソリン車は自動車税が10%増税されます

また、2009年4月1日からは環境性能が優れたクルマに対して
自動車重量税などを減免する「新グリーン税制」が始まりました
ハイブリッド車やクリーンディーゼル車については重量税や
取得税を免除
通常のガソリンエンジン車でも燃費改善や環境性能向上の
度合いに応じて減税となります

かなりの金額の節税対策にりますね
わざわざこのために車を変えると元を取るのが大変ですが
もし車を買い替える予定があればこういった車を選ぶのも
一つの魅力になりますね

交通事故もそうですが車から出る排気ガス・CO2なども
ゼロになる時代が来るといいですね♪
それでは^¥^


投稿者: タカマサ接骨院グループ

2014.06.12更新

サッカーワールドカップ いよいよ明日開幕ですね
がんばれ日本!!



さて今日は日本サッカー界の神様 『ジーコ』 氏のこの格言



チームワークとはいったい何なのか
それは自分に与えられた仕事だけではなく、グループ全体の
仕事のことを考え、必要ならば積極的に他人の仕事を
手伝おうとする精神ではないかと思う

組織には自分のことばかりでなく、他人の仕事のことまで
思いやる心づかいや常に全体のことを考える精神が必要なのだ
                                   ジーコ


チームワーク・・・大切だと思います
気配りや思いやり
こうしたジーコ氏の組織作りが今の日本代表の組織力を
作り出したと言っても過言ではないでしょう

サッカーだけではなく、仕事も一緒
すべてにおいて組織の中での自分を常に考えての行動を
とること 
自分のために働くのは勿論であるとは思いますが
人に手を差し伸べること 思いやる心を持つこと
広い視野で常に全体のことやこれからのことを考えること
やはりこれがないと人間力は培えませんしチームの良さが
発揮できません!
1人の力には限りがありますが5人・10人でかかれば
発揮できる力は5倍から10倍程度はすみません
それ以上の力が生み出せるのです
チームワークを常に意識することの大切さ
我々タカマサグループも今以上に大切にしていきたいものです


大を成して来た方が言う格言 大変勉強になります
明日からはそんなジーコ氏の故郷ブラジルでW杯が開幕します
大のサッカーファンである私は楽しみでなりません♪
明日からのサッカー日本代表の勝利を願いまして

にっぽんチャチャチャ!
にっぽんチャチャチャ!!
にっぽんチャチャチャ!!!

それでは^▽^


投稿者: タカマサ接骨院グループ

2014.06.10更新

毎日 毎日  ジメジメ ジメジメ 気持ちまでジメジメしてきそう
                                  きいちです



梅雨ですねぇ。。。 雨で路面が滑りやすくなっていますが
車の運転 気をつけてくださいね
さて、そんな雨の日の運転での不安解消 または気をつけたい
こと をアップさせていただきます

雨の日は普段より視界が薄暗く運転を嫌がる方も多いですが
濡れないで目的地までたどり着ける便利な乗り物でもあります

雨の日の運転で注意する点は3つ
・舗装路でも滑りやすく制動距離が長くなるため充分な車間距離が
必要です 特にスピードの出しすぎには注意しましょう!!
・道路上に描かれている停止線 横断歩道 落ち葉
マンホールの蓋 工事中の鉄板の上などを走行する際は
特に滑りやすくなっているので十分な注意が必要です
・ハイドロプレーン現象 にも注意が必要です
ハイドロプレーン現象とはタイヤと路面の間に水の層が進入し
その水の圧力で接地面が路面から浮き上がることによって起こり
ブレーキとハンドルが効かなくなります
特に高速走行時に起こりやすくなりますがタイヤがすり減って
いると時速70km位でも起こります
突然ハンドルの手ごたえがなくなり車の向きが勝手に
変わり始めたときは慌ててハンドルを切ったり
ブレーキを踏んだりしてはいけません
アクセルを緩めてタイヤのグリップ力が回復するのを
待つしかありません
タイヤの溝が磨り減ってきたら早めの交換をお勧めします



これからの季節 雨天時の運転が多くなるかと思います
充分な車間距離を保ち法廷速度を守りましょう
日中でも微灯をつけ後続車へ自分の存在をアピールしましょう
みなさん本日も安全運転でよろしくお願い致します
それでは^▽^



投稿者: タカマサ接骨院グループ

2014.06.06更新

関東地方 今日も天気が悪いですね・・・
きいちです^^

昨日アップさせていただいた クラクション に続いて
今日はハザードランプの正しい使い方についてアップさせて
いただきたいと思います
ハザードランプの正しい用途を理解し、安全運転を心掛けましょう♪




ハザードランプは以前 タクシーの客の乗降の際に点等させたり
高速道路で大型車が車線を変更した際などの感謝のしるしに
後続車へ点等させていたのが次第に広がり
一般的になっていきました

その中でも覚えておきたいのは、高速道路で渋滞の最後尾に
ついた時です
ハザードランプを点滅させることで後続車に渋滞していることを
早めに伝え追突されるのを防ぐことができます
また故障など何らかの理由で路肩に車を止めている時にも
ハザードランプを点滅させれば後続車に注意を促すことができます

しかし本来ハザードランプは非常停止灯と呼ばれるもので
故障などで緊急停止した際に使用したり車が牽引される際などに
点滅させるものです
その他の用途は定められているわけではないので誰もがその
意味を理解できるわけではありません

現在多く使われている方法は先ほども言いましたが、車線変更や
割り込みなどの際に進路を譲ってくれた車に対して
感謝の意味で使う方法
(下のブログに乗せましたがサンキューハザードというやつ)と
路上駐車などのために停止する際の合図として使う方法です
路上駐車の間はずっとハザードランプを点滅させている人が
多いのですが状況によっては消すべきだと思います

たとえばすぐ後ろに車が止っている時は走行している車から
左側後方のランプは見えなくなりまるで発進のために右の
ウインカーを出しているように見えてしまいます
自分の後方に車がいなければ使ってもいいのですが
車が詰まっているようならハザードランプは消すべきです



これらのように状況によって使い分けをし自分以外のドライバーが
解りやすいハザードランプの使い方をしたいですね

皆様!今日は雨で路面の状況があまりよくありません
また、視界も悪くなりがちですので運転される際は特に注意して
運転しましょう!!
もしハザードランプを点等することがございましたら、こちらの
ブログを少しでも思い出していただけましたら幸いです
それでは^▽^



投稿者: タカマサ接骨院グループ

2014.06.05更新

関東地方 入梅ですね
湿度が高くジメジメとした日が続くのでしょうか・・・涙 きいちです

今日は事故や危険回避のために用いる車の警笛
いわゆる『クラクション』についてです

いつも何気なく使っているクラクション
みなさん、このクラクションにも色々と決まりがあるのをご存知で
しょうか?



クラクションを鳴らす行為は騒音の問題があるため、わが国では
道路交通法により制限が設けられています
基本的に道路標識などで指定された警笛区間・危険な場合に
限り使用するもの と定められています
ここで気になるのが相手車両に感謝の気持ちを込めて鳴らす
いわゆる『サンキュークラクション』
これは警笛の目的外使用にあたり道路交通法は警笛の
目的外使用を禁じているためこのような使用方法は
違法行為であるとされています 涙
ちなみに警笛を乱用した場合の罰則は
道路交通法第121条第1項第6号で規定されており
2万円以下の罰金又は科料に処するとされています

警笛の無意味な使用はもちろんのこと青信号などで前車の発進を
促す時や低速走行の車に後車が警笛を鳴らす行為
後車が前車への抗議を表現するために警笛を鳴らす行為
車の到着を知らせるために警笛を鳴らす行為
いわゆるサンキューホーンは上記の規制に違反し
警笛の乱用(目的外使用)となるため違法になるそうです

その他、警笛の音量・音色にも規定があり
一時期流行ったエコーのかかるクラクションなどは車検の対応外
となるのと同時に違法になります

ちなみに感謝の意を込めてハザードランプを点等させる
いわゆる『サンキューハザード』については
法律で明確な使用を禁じてはいないため違法とはなりません

みなさん、正しい警笛の使い方を覚え危険回避、事故防止を
心がけましょう
どこぞの ボ〇 さんのように危険回避だからといって
クラクションを 長ーーーーーーく 鳴らしたりはしては
いけませんよ!w     それでは^▽^


投稿者: タカマサ接骨院グループ

2014.06.02更新

昨日6月1日 日曜日 タカマサ野球部の試合がありました
試合結果 8対5 で野球部創設以来 初勝利!!
わたくしも7番ファーストでスタメン出場
これからもどんどん活動していきますので地域の皆さん
よろしくお願い致します^^

↓キャプテンです☆








さて本日は全く別のお話ですが 車のシートベルトについてのお話

みなさん車を運転される際はしっかりとシートベルトをして
運転していますか
後部座席も現在ではシートベルトを締めないと道路交通法違反
になります
但し一般道では違反になるものの罰則金や行政処分
点数の加点はありません
これらは自動車専用道路 すなわち高速道路上でのみの話
一般道では違反ですが取り締まるすべがないのです。。。
ただし・・・反則金や点数に影響があるから締めるというものでも
ありません
どんな状況でもしっかりとシートベルトを締めること また
締めるよう同乗者へ指導すること 大切です!!



シートベルトにまつわる話で、こんな話があります
現在主流のシートベルトは3点式シートベルトと言います
この3点式シートベルトを最初に開発したのはスウェーデンの
自動車メーカー 『ボルボ』 社のエンジニアだった
ニルス・ボーリン という人
当時シートベルトの形態としては2点式シートベルトが一般的だった
が1959年ボルボが3点式シートベルトを発明し特許を取得
しかし安全に必要な技術ということで当時のボルボ社は

『他のメーカーの車で3点式シートベルトを使う場合でも特許料は
一切頂きません。皆さん、自由に使ってください』

なんと自社の特許技術を他者へ公開
本当の安全を願うからこその粋なはからいである

3点式シートベルトは現在までに世界中の自動車およそ10億台に
装備された
もしも特許料を取っていたら車を売らなくても良いくらいの
莫大な収入になっていたらしい
このおかげで3点式シートベルトは全世界の自動車に標準装備で
採用されるようになったのだ

『安全な車が自動車の普及につながる』というボルボ社の理念が
そうさせたのだった



もう一度問います

みなさん、シートベルトはされていますか
お車を運転される際はシートベルトをしっかりと締め運転しましょう
また、同乗者へのシートベルトの着用を促しましょう
こんなすばらしいエピソードがあるシートベルト
ボルボ社とシートベルトの関係 意外と知られていません

このブログを読んでいただいた方
いつもシートベルトをしないで運転される方
お車を運転される際 
もしくは大切な人の運転する車に同乗される際
この話を思い出しシートベルトを着用してお車に乗られる方が
少しでも増えること また、交通事故自体が少しでも減少することを
切に願っております

きいち






投稿者: タカマサ接骨院グループ