整形外科と接骨院の違い

整形外科と接骨院の違い

医師免許が必要な「整形外科」

病院には風邪をひいた時に通う「内科」、目の症状を診てもらう「眼科」など、さまざまな科目があります。整形外科はそのような病院の一つの「科目」。そのため、医学部を卒業して「医師免許」を持っている必要があります。

柔道整復師という資格の「接骨院」

接骨院で働くには、「柔道整復師」という国家資格が必要です。この資格は3年制の専門学校、あるいは4年制の大学を卒業して国家試験に合格する必要があります、よく整体師と何が違うのかと聞かれることがありますが、

柔道整復師は『国家資格』 整体師は『民間の資格』となり資格が違います。

『接骨院』・『ほねつぎ』・『整骨院』の看板を掲げているところが柔道整復師の院となります。

整形外科と接骨院の治療の違い

薬の処方やレントゲンで診察できる「整形外科」

整形外科は、医師のみが行うことができる「薬の処方」や「レントゲン・MRI撮影」といった医療機器を使った精密検査を行うことがで、医療機器による治療が中心となります。

タカマサ接骨院グループでは捻挫・挫傷(筋肉や靭帯のケガ)を手による治療(手技)を中心に施術していきます。

 

 

 

手技による施術で体全体を診ていきます。 「接骨院」

接骨院のメインの治療法は「手技」。つまり、手を使って直接患部を含めた体全体を触ることで、体のバランスを診ていきます。痛いところだけを診るのではなく体全体を診て、手技によって正しい状態に戻すことで、痛みを軽減させていきます。

※整形外科と接骨院、どちらも治療法に違いがありますが。事故に遭ったときは、「どちらも」受診されることをおすすめします。

整形外科に通いながらでも接骨院に通えます

「もう整形外科に通ってしまったから、いまさら接骨院には行けない」。このように思ってはいませんか?しかし実は、どちらも通うことができるのです。

整形外科では専門の機器で骨の状態を詳しく検査できるため、症状を知るためには欠かせません。しかし、なかにはレントゲンでも骨に異常がみられず、薬を処方して治療が終了といった場合もあるそうです。

当院では少しでも痛みが取り除けるよう根本治療を心がけています、「よくわからないけど痛い」と、悩んでいる患者さんや薬で良症状が変わらない場合などは、一度当グループにご相談ください。