交通事故治療の流れ

治療前に準備しておくこと

1:何よりもまず、警察に連絡を!

事故に遭ったら気が動転してしまうことでしょう。事故に慣れている人はいないので、何をどうすればよいかわからないかもしれませんが、まずは、警察に連絡してください。次に何をすればよいかも、教えてもらえます。また自分が動けない場合は、周りの人に連絡してもらえるようにお願いしてください。そして自分の加入している保険会社に電話してください。

矢印

2:警察での証明書の発行

警察の調査が終われば「交通事故証明書」を必ず発行してもらい、大切に保管しておきましょう。事故の起きた日時や場所、当事者の名前などが書かれており、治療に保険を適用する際に必要となる大切な書類です。

矢印

3:事故相手の情報をメモ・患者さまが加入中の保険会社への連絡

相手の名前、住所、連絡先、保険会社といった情報も聞いておきます。その後、自分の保険会社に連絡します。事故の状況などを詳しく聞かれるので、必要なことを詳しく話してください。

治療の流れ

1:早めにご来院ください

事故の直後は興奮状態にあるので痛みに気づきにくいものですが、体は深刻なダメージを受けているおそれがあります。当グループは予約の必要なく、スタッフも多いため、すぐに状態確認・施術を行うことが可能です。事故後はなるべく早くご来院ください。

矢印

2:問診

お名前や住所・電話番号・事故の日付や状況・症状などを問診表にご記入ください。その後は問診票に基づき、さらにスタッフから詳しくお話を伺わせていただきます。

矢印

3:視診・触診・検査

問診後、視診・触・徒手検査を行います。人の体は全体がつながっています。そのため痛みの原因が全く違う場所にあるということもあるので、痛むところ以外も全てチェックさせていただきます。

矢印

4:治療

患者さまのご希望や怪我の具合・痛みの強さなど総合的に判断しながら、治療を進めていきます。マッサージやオステオパシーによる手技がメインです、状態に合わせて、低周波治療器やウォーターベッド等も使用していきます。
また1日でも早く元の生活に戻れるよう、私生活での指導も併せて行いますので、一緒にがんばりましょう!

提携している弁護士・行政書士をご紹介します!

関東・九州エリアで多くの接骨院を展開しているタカマサグループだからこそ、事故後のサポートも万全!

当グループでは患者さまが事故後の治療のみに専念できるよう、面倒な手続きや加害者とのやり取りをお任せできる、経験豊富な弁護士や行政書士を当グループではご紹介しています。頭のなかが事務手続きでいっぱい…なんてことにならないよう、保険会社とのやりとりもサポート。分からないことがあれば、まずは当グループにご相談ください。