補償・慰謝料・料金について

交通事故での治療は基本的に0円です

交通事故でケガをすると、心配なのが治療費。しかし、自動車やバイクといった乗り物による事故の場合、加害者が加入している任意保険や自賠責保険を利用することができるので、治療費は基本的に患者さまがご負担する必要はありません。

  • 事故に巻き込まれた直後に相手がいなくなってしまった「ひき逃げ」の場合は?
  • 相手が保険に入っていない場合は?

このような場合も、政府の補償事業によって治療費が保障されることがあります。相手がいなくなったからといって治療をあきらめるのではなく、まずはご相談ください。さまざまなアドバイスをいたします。

交通事故による補償の限度額や種類

傷害による損害

事故でケガをした場合、被害者1名につき、自賠責保険だと1日4,200円の慰謝料が一定期間支払われます。(任意保険や弁護士の基準によっては変動があります)
また、治療関係費として最大120万円の支払いをうけることができます。

後遺障害による損害

後遺症によって働けなくなると、将来の収入が減りますが、それを補う為の保険金が受け取れます。例えば常に介護を必要とする第一級障害の場合、最大4,000万円の支払いがあります。

死亡による損害

葬儀費用や、死亡したことによって生じる将来の損失額を補償するために、3,000万円を限度として支払われます。

交通事故の補償の支払い基準

交通事故での保障額を決めるには細かい基準があります。例えば次のような点が審査されます。

  • 働く能力がどれほど制限されてしまったか
  • 今後どれくらい働き続けることができるか
  • 平均余命や平均給与額

こうした点を調査して、障害や後遺障害、死亡であらかじめ定められている金額の範囲内で支払いが行われます。

保険金が適用されないケースとは?

事故にはさまざまなケースがあり、被害者側に100%責任があるような事故では、自賠責保険は支払われません。例えば、

  • 被害者車両がセンターラインをオーバーして相手車両と衝突した
  • 信号を無視したことによって事故をおこした
  • 脇見運転、居眠り運転などで前の車に追突し、自分が加害者となった

などのケースに対して保険は支払われないため、ご注意ください。