交通事故治療について

良くある交通事故のケースとその後の症状

・自転車を運転中に車とぶつかり転倒してしまった。
事故の際に腕を骨折していたので病院や整形外科にて治療とリハビリを受けたが、腕が動きづらい。

・信号待ちで停車中に、後方の車に追突された。
レントゲンでは異常がなかったが、時間が経つにつれ首が痛くなり、手首にもなんだかしびれがある。

・交差点で右折してきて対向車と衝突してしまった。
首から腰にかけて痛みがでている。時々電気が走ったかのように痛むこともある。

交通事故の症状について

むちうち症

首周辺を交通事故などで痛めることを「むちうち症」と呼び、正式には「頚椎捻挫」もしくは「外傷性頸部症候群」と言われ、首だけでなく、背中や肩にも痛みがでることもあります。

首・肩・腰の痛み

交通事故によりケガをして傷めることが多いのが「首・肩・腰」です。こういった症状のケースとしては、車同士による交通事故で、強い衝撃が身体に加わり、急性腰痛症などによる腰への痛みが発生することが多いです。

バレリュー(バレー・ルー)症候群

自律神経が刺激を受けて発症する症状で、首を損傷したときに起こります。レントゲンや検査では問題がないが、耳鳴り、めまい、だるさ、痛みなどを感じたときになる症状です。

事故に遭ったらすぐ当グループへ!デッドラインは事故後約2週間です!

事故に巻き込まれた直後はパニックになってしまい、多くの方は興奮状態に。また、警察や保険会社との話し合いで慌ただしくなることから、本来感じるはずの痛みに気づかない患者さまがほとんどなのです。

多くの患者さまは、様々な対応からひと段落したときに、ようやく痛みを感じるようになります。しかし、このときには既に症状が悪化していることも。さらには事故から時間が経過してしまうと事故による不調か単なる体の不調か区別がつかなくなり、保険がおりないといったことにも繋がります。これらを正確に判断できるデッドラインは事故後約2週間。(2週間以上経ってからの受診になると、その痛みが事故のものによるものか?など因果関係が求められ、保険が適応できない場合などもあります。)痛みがなかったとしても、事故後は必ず検査を受けていただくことをおすすめします。

交通事故の治療費は基本0円!患者さまの支払い負担はありません!

交通事故で体に痛みを感じる場合、加害者の加入している自賠責保険や任意保険によって治療費が支払われるため、患者さまの自己負担は原則ありません。
しかし保険会社より書類が異なることや、普段行わない不慣れな手続きを行わなくてはならない点が、交通事故治療のわずらわしいところでもあります。

当グループでは治療はもちろんのこと、交通事故症例を数多く診てきているからこその、対応力があります。分からないことは一人で悩まず、まずは当グループにご相談ください。

※自損事故(接触相手がいなく、ガードレールなどの物にぶつかった場合)や、過失が患者さま本人に認められる場合などはご相談ください。